メニュー


次回公演予定


こどもの城合唱団コンサート Sing Sing Sing vol.10 
2023年 12月24日(日)

2023年12月24日(日) 18:00開演 (開場45分前)日時 
2023年12月24日(日)16:30 / 19:00
場所       青山学院大学 ガウチャー・メモリアルホール

MENU
次回公演

プロフィール

こどもの城合唱団は1985年の4月、同年11月の国立児童総合センター「こどもの城」のオープンに先駆けて結成された合唱団です。
2015年の「こどもの城」閉館後も、3歳から82歳までの世代や性別、国籍や障害の有無を超えた多様性のある約250名が在籍し、音楽を通したインクルーシブ活動を元気に続けています。
平成13年と27年には、これまでの活動を評価され、児童文化財として「児童福祉文化賞」を受賞しました。また、2021年に行われた「2020東京パラリンピック閉会式」では国歌斉唱を務めました。
様々な枠を越えた“ちがうみんな”が集まった合唱団は、音楽を通し、全国の子どもたちとの交流、また病院や老人ホームなどへの慰問、多くの施設でのワークショップなど、色々な体験を重ねながら活動しています。また現在はNHK-Eテレで放送中の「ワルイコあつまれ」でも合唱を担当し活躍中です。

講師紹介

指揮者紹介 吉村 温子

こどもの城オープン前より音楽事業部の企画に携わり、こどもの城児童合唱団・混声合唱団の設立当初より指揮をとっており、他にも幼児のための親子リトミック、就園前の親子リトミック等、幼児から大人までを対象に幅広くユニークな音楽表現活動を展開している。
また、全国各地の子ども達とのドラマスクールや、ミュージカルつくりの現場に参加し、指導を行っている。
毎年お正月には青山円形劇場で、参加型のオペレッタ公演の主演を務め、2008年の1月に公演した「タントさんのふしぎなレストラン2・3・4」は児童福祉文化財の特別推薦に選ばれた。
その他、「ウインザーの陽気な女房たち」(アンナ)、「フィガロの結婚」(スザンナ)、「愛の妙薬」(アディーナ)、「ヘンゼルとグレーテル」(グレーテル)、「サルタン王の物語」(白鳥姫)、「三つのオレンジへの恋」(ニネッタ姫)等、多数出演、また「第九」のソロや、レクイエムのソロ、多くのコンサートに出演している。
幼児や児童の音楽表現あそびの本や、音楽の教科書に載っている曲の解説など、執筆も多数手がけている。
〔職歴〕
玉川大学非常勤講師、東京家政大学非常勤講師
日本オペラ振興会会員、全日本音楽療法学会会員
オペラ・クリエーション・イン・青山主宰、
特定非営利活動法人こどもの城合唱団 代表理事
〔著書〕
・子どもがよろこぶ楽しいゲーム③ 歌あそび 学事出版
・『ころ・ぴよ・とこ・ぱた』0歳からの歌あそび絵本 主婦の友社
・教科書に出てくる『童謡・唱歌のふるさと』 岩崎書店(共著) 他

演奏者紹介 山本 誠

保育士資格を取得し、1985年の「こどもの城」開館時よりこどもの音楽活動プログラムの企画・運営を行う。
こどもの城では合唱団のほか、「中・高校生のバンド講座」「就園前児のリトミック」なども担当した。 各地で行われる児童厚生員等指導者講習会の「音楽遊び」講師なども務めた。
特定非営利活動法人こどもの城合唱団の事務局長兼運営部長として、また音楽プロデューサーとして、児童劇、オペレッタ等の作曲活動も行う。 専門楽器はベースだが、ピアノ、ドラム、ギター、パーカッション、サックス、沖縄三線などもこなす無類の楽器好き。

伴奏者紹介 林 あづさ

こどもの城児童合唱団・混声合唱団専属ピアノ伴奏者
青山円形劇場で公演されたファミリーオペレッタや、こどもの城児童合唱団・混声合唱団の為に多数作曲。玉川大学非常勤講師