フレンズ 名倉加代子先生

名倉加代子先生からのメッセージ

こどもの城と共に生まれた「こどもの城合唱団」、年齢は30歳。
私が、こどもの城の中の青山劇場で公演をするようになって27年。皆さんの方が先輩ということになります。
縁あって2年前から、お正月のファミリーミュージカルに監修として参加させていただいておりますが、私以外のスタッフの方々は初回から全く変わっていらっしゃらないとか。それを伺っただけでも、いかに皆さんが、この合唱団を大切に思っておられるかを知ることができます。
愛されて育ってきたこの合唱団、最初の出演者が親になり、その子どもたちがまた引き継いでステージに立っている。しっかりと足跡を残しながらここまで育ってきた、この合唱団にも試練はやってきます。再来年のこどもの城の閉館です。
淋しさは抑え切れませんが、努力をしてもどうにもならないことに向けるエネルギーを、次への出発に向けましょう。
皆さんの“歌いたい”という熱い想いと、その先へ一歩踏み出す勇気があれば、こわいものなしです。
必ず、皆さんの溢れる笑顔いっぱいのステージが、この先もずっと拝見できるものと思っています。
こどもの城はなくなっても、「こどもの城合唱団」は健在です!!
心からのエールを送ります。
 名倉加代子
 洋舞家/振付家
  (2013年9月)

一覧へもどる