メニュー

次回公演予定

Sing Sing Sing Vol.5 ♪みんなでサイレント・ナイト♪

MENU
次回公演

プロフィール

 こどもの城児童合唱団は、1985年の4月に、その年の11月の国立児童総合センター「こどもの城」のオープンに先駆けて作られた児童合唱団です。この合唱団は、子どもの「遊び」から生まれる創造的自己表現活動を重視し、音楽を通して協調性・創造性等、幅広い知的好奇心を養い、豊かな人間性を育てることを目的にして展開しています。現在、合唱講座・合唱団低学年・合唱団高学年・混声合唱団の4つのグループ約250名の団員で構成されています。各グループとも週一回、約2時間のレッスンで、合唱練習に加えて、身体表現活動、朗読劇等を取り入れた演劇活動、造形活動、ふれあいを大切にした野外活動、そしてシンセサイザーやリズム楽器による合奏等を織り込んだ、ユニークな総合的プログラムを展開しております。
 2015年3月のこどもの城閉館に伴い、4月より特定非営利活動法人アートセラピー研究所DAMにて活動を継続し、平成27年度児童福祉文化賞を受賞しました。
 2017年、法人名を「こどもの城合唱団」に変更して新たにスタートを切りました。

講師紹介

指揮者紹介 吉村 温子

 こどもの城オープン前より音楽事業部の企画に携わり、こどもの城児童合唱団・混声合唱団の設立当初より指揮をとっており、他にも幼児のための親子リトミック、就園前の親子リトミック等、幼児から大人までを対象に幅広くユニークな音楽表現活動を展開している。
 また、全国各地の子ども達とのドラマスクールや、ミュージカルつくりの現場に参加し、指導を行っている。
 毎年お正月には青山円形劇場で、参加型のオペレッタ公演の主演を務め、2008年の1月に公演した「タントさんのふしぎなレストラン2・3・4」は児童福祉文化財の特別推薦に選ばれた。
 その他、「ウインザーの陽気な女房たち」(アンナ)、「フィガロの結婚」(スザンナ)、「愛の妙薬」(アディーナ)、「ヘンゼルとグレーテル」(グレーテル)、「サルタン王の物語」(白鳥姫)、「三つのオレンジへの恋」(ニネッタ姫)等、多数出演、また「第九」のソロや、レクイエムのソロ、多くのコンサートに出演している。
 幼児や児童の音楽表現あそびの本や、音楽の教科書に載っている曲の解説など、執筆も多数手がけている。
〔職歴〕
玉川大学非常勤講師、東京家政大学非常勤講師
日本オペラ振興会会員、全日本音楽療法学会会員
オペラ・クリエーション・イン・青山主宰、
特定非営利活動法人アートセラピー研究所DAM 代表理事
〔著書〕
・子どもがよろこぶ楽しいゲーム③ 歌あそび 学事出版
・『ころ・ぴよ・とこ・ぱた』0歳からの歌あそび絵本 主婦の友社
・教科書に出てくる『童謡・唱歌のふるさと』 岩崎書店(共著) 他

演奏者紹介 山本 誠

 保育士資格を取得し、1985年の「こどもの城」開館時より こどもの音楽活動プログラムの企画・運営を行った。
 こどもの城では合唱団のほか、「中・高校生のバンド講座」「就園前児のリトミック」なども担当した。 各地で行われる児童厚生員等指導者講習会の「音楽遊び」講師なども務めた。
 特定非営利活動法人アートセラピー研究所DAMの事務局長兼運営部長として、また音楽プロデューサーとして、児童劇、オペレッタ等の作曲活動も行う。 専門楽器 はベースだが、ピアノ、ドラム、ギター、パーカッション、サックス、沖縄三線 などもこなす無類の楽器好き。

伴奏者紹介 林 あづさ

こどもの城児童合唱団・混声合唱団専属ピアノ伴奏者
 青山円形劇場で公演されたファミリーオペレッタや、こどもの城児童合唱団・混声合唱団の為に多数作曲。玉川大学非常勤講師